> 野菊のかんざし > 見まがわれた道

見まがわれた道


      一

 前世の話と言われても妙な顔をすることなく、忠之ただゆき千鶴ちづの話に耳を傾けた。
 その話が自分にどう関係があるのか、何故千鶴がそんな話をするのか、どうして前世のことがわかるのか。そんなことは一切かずに、忠之は静かに千鶴の話を聞いた。
 千鶴が初めに語ったのは、前世の自分の生い立ちだった。今世と同じように、千鶴が前世でもロシア人の父親と日本人の母親の間に生まれたことは忠之を驚かせた。
 父親を海に流され、物心がついた頃には母親と一緒にへん旅をしていた千鶴の境遇は、前世の話ながら忠之を心配させた。また、道中出くわした鬼に母親を殺された話には、忠之は驚愕きょうがくしながら涙ぐみ、少しも千鶴の話を疑おうとしなかった。
 千鶴が話を聞かされる立場であったなら、本当のことなのだろうかと疑って、驚いたり泣いたりはしない。人によれば、前世の話と言われた時点で、真面目に話を聞こうとしないだろう。ところが忠之は千鶴が話すことを、すべて真実だと受け止めているらしい。
 それだけ信頼してくれているということなのだろうが、そこまで信頼してもらえることが、千鶴には有り難くも不思議なことだった。

 独りぼっちになった千鶴が、めい和尚に法生寺ほうしょうじへ連れて来られた話には、忠之はあんしながら喜んだ。自分がいるこの場所に、前世の千鶴がいたということが驚きであり感動したようだ。
 当時も千鶴は異人の顔をしていたので、村人たちからがんごめと呼ばれたが、代官の一人息子の柊吉とうきちが友だちになってくれたという話を聞くと、忠之は柊吉を褒め称えた。
 だが、何故侍の子供が一人で遊びに来られたのかと首をかしげるので、慈命和尚が代官からも敬われていたからと千鶴は説明した。また、初めのうちはお付きの者がいたけれど、柊吉が大きくなると、まったくの一人で訪ねて来るようになったと言った。
 柊吉が寺へ来る名目は、慈命和尚からいろいろ教えを受けるというものだった。実際、柊吉は村の子供たちや千鶴と一緒に和尚から学びを受けた。だが、それ以外は千鶴と遊んだし、千鶴と村の子供たちの仲立ちをしてみんなで遊んだりもした。そのお陰でお陰で千鶴をいじめる子供はいなくなった。
 柊吉は千鶴の笑顔のためには、何でもやってくれた。千鶴が喜ぶと、柊吉も笑顔でいっぱいになった。それは千鶴にとって懐かしく、また切ない思い出だった。
 柊吉の優しさに忠之は感心しきりだったが、柊吉に花の神さまと言われたことや、よく野菊の花を飾ってもらったことは、千鶴は恥ずかしくて黙っていた。
 柊吉が元服げんぷくして進之丞になり、千鶴を嫁にする話になると、忠之は身分を超えた結婚にかなり驚いた。それで千鶴は、身分の低い自分が武家の嫁になるために、代官の知人の侍の養女になることが決まっていたと説明した。
 忠之はへぇと感服し、前世のことながらと言いながら千鶴を祝福した。ところが、千鶴と進之丞の幸せは鬼によって引き裂かれたのである。

 千鶴は鬼の話をするのがつらかった。今の千鶴にとっては、鬼もいとしく大切な存在だった。過去のこととは言え、その鬼の悪行をしゃべるのは嫌だったし、その時の感情を思い出したくなかった。
 それでも鬼の話をしなければ、忠之に何があったのかを伝えられなくなってしまう。
 千鶴は鬼がやったことのすべてではなく、話すべきことだけを喋った。そうすることで少しでも鬼の悪い印象を減らしたいと考えていた。
 そうは言っても、鬼がどうやって千鶴たちを絶望のどん底へ突き落としたかを、話さないわけにはいかない。千鶴の話に忠之は驚愕と怒りと悲しみで顔をゆがませ続けた。
 千鶴は鬼が本当は救いを求めていたということを強調した。そして鬼が幼かった千鶴の優しさに触れて憧れたこと、その優しさを手に入れるために千鶴をさらってらおうとしたことを説明した。
 だが、喰らうという言葉に忠之がぎょっとしたので、喰らうとはどういうことなのかを千鶴は話した。
 忠之は目を丸くして話を聞いていたが、忠之自身が進之丞に喰らわれていたのである。千鶴は喋るうちに罪悪感で目は伏しがちになり、声も小さくなった。

 忠之にうながされて千鶴は話に戻ったが、あの時のことを思い出すと、今でも悲しみと罪の意識で押し潰されそうになってしまう。それに耐えながら、千鶴は進之丞と鬼の戦い、そして進之丞が鬼になった話をした。
 千鶴は何度も涙を拭きながら、進之丞を喰らったことで鬼が己の中の優しさに気づいて心を入れ替えたことや、進之丞の心を受け入れた鬼が、進之丞として生きることになったということを、力を込めて喋った。それは鬼をかばっているように聞こえただろうが、忠之はただうなずくばかりだった。
 千鶴は少し迷ったあと、進之丞は重傷を負っていたために、鬼になっても長くは生きられなかったと言った。そして、進之丞の命を奪ったのは自分だと千鶴は泣きながら告白した。
 実は、進之丞の命を己自身が奪った事実を、千鶴はまだ誰にも話せていなかった。あまりの罪深さに、家族にも和尚夫婦にも言えなかったのである。
 忠之はうなれる千鶴を抱いてやろうとしたのか、手を千鶴の方へ伸ばした。しかし、そのためらいがちな手は、千鶴に触れないまま膝の上に降ろされた。代わりに忠之は静かに涙を流した。
「千鶴さん、つらかったな……。いくらがんごが悪い言うたとこで、千鶴さんの苦しみは変わるまいに……。おら、何もしてあげられんけんど……、消せるもんなら、千鶴さんのそがぁな記憶……、おらが全部ぜーんぶ消してあげるんやがな……。そのしんさんいうお人も、恐らくおんなし気持ちやったと思わい……」
 千鶴は忠之を見た。やはり忠之と進之丞は同じ心を持っているようだ。それが千鶴はうれしかったし、話を聞いてもらったことや、励ましてもらえたことが大きな慰めとなった。
 そのことを感謝した千鶴は、鬼が死んだあと、自分もそのあとを追ったと言った。忠之は涙にれた目を、驚いたように見開いた。

      二

 千鶴が地獄へ行ったという話は、忠之には信じられないようだった。しかし、鬼となった進之丞にいに行ったのだとわかると、ほっとしながら、そげなことをするんは千鶴さんぎりぞな――と言って笑った。
「そのがんごはまっこと嬉しかったろうな。千鶴さんが地獄にまで逢いに来てくれるやなんて思いもせんかったろ……。ほんでもな、鬼はまっこと悲しかったとも思わい」
 忠之は微笑んでいたが、少し寂しげだ。
「なしてがんごは悲しかったて思いんさるん?」
「ほやかて、おらががんごじゃったら、自分のせいで千鶴さんを地獄へ呼んでしもたて思うけん……。そがぁなとこ、鬼は絶対に千鶴さんをさせとうはなかったろ」
 それは進之丞が語ったことと同じだった。千鶴は進之丞を思い出しながら、進之丞とついの心を持つ忠之に引き込まれそうになった。
がんごは困ったんやないんかな?」
 忠之にかれて我に返った千鶴は、鬼が千鶴を光の世界へ戻すため、千鶴の幸せを願いながら、千鶴への想いを断ち切ろうとしたことを話した
 忠之は悲しそうに目を閉じると、お不動さま――と胸を押さえてつぶやいた。
 鬼が千鶴を不動明王にたくそうとしたとは、千鶴は言っていない。忠之のつぶやきは、まるで鬼がつぶやいたようで、千鶴をうろたえさせた。
「切ないな……」
 少しして目を開けた忠之は悲しげ言った。
がんごはほんまは千鶴さんにねきにおって欲しかったろうにな……」
 しんみりした沈黙のあと、千鶴は忠之にさっきのつぶやきのことをたずねた。
 あぁと言って笑った忠之は、照れたように頭をいた。
「おら、こんまい頃からここの和尚さんややすさんには、いろいろお世話になっとるけんな。お不動さまともかお馴染なじみなんよ。ほじゃけんな、何ぞあったら、すぐにお不動さまて言うてしまうんよ。さっきもがんごの話があんまし切なかったけん、つい言うてしもたんよ」
 忠之は鬼の心に自分の心を重ねていたのだろう。千鶴は感銘しながら、はっとなった。
 鬼は千鶴を想いながら、千鶴の幸せを願って自らの想いを断った。そんな鬼を切なく想う忠之は、鬼と同じことを考えたのではないか。
 忠之が家に戻ると言って譲らない本当の理由は、そこにあると千鶴は悟った。
 これまでの千鶴の態度を見て、忠之は自分が避けられていると感じていたに違いない。スタニスラフが来てからは、それが顕著になったと見たはずだ。そして、千鶴はスタニスラフを好いていると受け止めたのだろう。
 しかし、自分の世話のために千鶴は自由にできない。そう思ったから、忠之は千鶴への想いを断ち、千鶴の幸せのために姿を消そうとしているのだ。
 千鶴は泣きそうになった。さっきはどうして忠之から離れたのか、その本当の理由を忠之に伝えたかった。だがそれを拒む自分がいた。それは進之丞への裏切りだと、その自分は訴えていた。ぶつかり合う二つの想いのせいで、千鶴は喋れなくなった。
 それでも、今は話を続けることが優先される。進之丞が忠之を喰らったという事実を伝えなければならないのだ。

 千鶴は気持ちを落ち着けると、地獄からこの世へ戻された自分は、山﨑千鶴として生まれたと言った。しかし、そこで再び口籠もった。
 千鶴が黙っているので、鬼はどうなったのかと忠之は訊ねた。
 音が聞こえそうなほど心臓がどきどきしている。大きく呼吸をしたあと、千鶴は言った。
「進さんは、うちみたいには生まれ変わらんかったんぞなもし」
「じゃあ、どがぁに?」
 千鶴はためらいながら、佐伯さんぞなもし――と言った。意味がわからない忠之は、自分を指差しながら当惑した。
「佐伯さんが最後に覚えとりんさるんは、台風が来よった時にがんごよけのほこらの前に立ちんさったいうことですよね?」
 当惑気味にうなずいた忠之を、しっかり見えながら千鶴は言った。
「ほん時に、進さんは佐伯さんに取りきんさったんぞなもし」
 え?――忠之は千鶴の言葉が理解できない様子だ。千鶴は構わず話を続けた。
「進さんはがんごに喰らわれて鬼になりました。佐伯さんもあん時の進さんのように、鬼になった進さんに喰らわれんさったんぞなもし」
「おらが? 喰らわれた? 進さんに?」
 千鶴はうなずき、忠之にこの二年の記憶がないのは、進之丞の心の一部になっていたためだと説明した。
「進さんはがんごに喰われんさったあとも、進さんでおいでることができたけんど、佐伯さんはほうはならんかったんぞなもし。そがぁして進さんは佐伯さんのお体とご記憶をご自分のもんにしんさって、佐伯さんとしてこの二年を生きてんさったんです」
 忠之は動揺していた。自分の手のひらを見たり、自分の体に触れたりしながら、自分というものを確かめ、それから千鶴に顔を戻した。
「なして、おらが進さんに?」
 鬼は心のけがれた者にしか取り憑けないとは言えない。それに、忠之の心が穢れているとは思えない。それで千鶴は鬼は自分とたような心の者に取り憑くようだと説明した。
「進さんが言いんさるには、進さんと佐伯さんは心がついじゃったらしいんぞなもし。やけん、進さんは佐伯さんに取り憑けたみたいぞな」
「おらと進さんが心がつい?」
 千鶴はうなずくと進之丞のために弁解した。
「ほんでも、進さんはわざに佐伯さんを喰ろたわけやのうて、ぃついたら喰ろてしもとったらしいんぞなもし。進さん、そのことずっと気にしておいでて、佐伯さんに申し訳ないことしてしもたて言い続けんさったんです」
 驚いた顔のままの忠之に向かって、千鶴は両手を突いた。
「おびして許されることやないですけんど、うちには詫びることしかできません。このたびはまことに申し訳ありませんでした」
 頭を下げた千鶴は、忠之が怒り出すのを待った。緊張で突いた手が震えている。
 ところが忠之は一向に怒りを見せず、千鶴に頭を上げさせた。
「千鶴さんがおらに取り憑いたわけやなし、千鶴さんが頭下げることはないけん」
「ほやけど、うちは進さんが佐伯さんを喰ろたんを知りながら、進さんと暮らして来たんぞなもし。ほやけん、うちにも罪があるんぞなもし」
「おらはそげには思わん。ほれで、進さんはどがぁなったんぞな? おらが意識を取り戻したいうことは、進さんはおらから離れたいうことなんじゃろ?」
「進さんは……」
 最後に花を飾ってくれた鬼の姿が浮かんでいる。涙があふれ出して千鶴が喋れなくなると、忠之は慌てて慰めようとした。
「おら、余計なこと訊いてしもたんじゃな。ごめんよ。おら、千鶴さんに泣かれたら困るけん。お願いじゃけん、泣きやんでおくんなもし」
 忠之のうろたえようは進之丞みたいだった。千鶴はますます泣いた。

      三

 千鶴!――と叫びながらスタニスラフが素っ飛んで来た。また仕事をせずに、近くで様子をうかがっていたのだろう。
 千鶴を抱きかかえたスタニスラフは、千鶴に何をしたのかと、すごい剣幕で忠之をにらみつけた。
 スタニスラフの腕を振り解いた千鶴は、佐伯さんは何もしていないと言い、自分が勝手に泣いただけだと説明した。それでもスタニスラフは信じる気がないようで、なおも忠之をにらみ続けた。
 千鶴は辟易へきえきしながら、邪魔をするならこうへ帰るようにときつく言った。だが、それでもスタニスラフは離れようとしない。そこへ騒ぎを耳にした安子とさちがやって来た。
 幸子はスタニスラフを見つけると、また掃除をしていないのかと怒りをあらわにした。スタニスラフは少し勢いを失ったが、それでも自分の正当性を訴えて、忠之が千鶴を泣かせたと言って聞かなかった。
 しかし千鶴はそれを即座に否定し、喋っているうちに昔を思い出して泣いただけで、佐伯さんは何もしていないと言った。
 安子は腰に手を当てると、千鶴がこう説明しているのに、どうして自分勝手なことを言うのかと、強い口調でスタニスラフをしかった。また、これ以上千鶴たちの邪魔をするつもりなら、今すぐここから出て行ってもらうと告げた。
 さすがにうろたえたスタニスラフは、小さな声でゴメナサイと言うと、悔しそうに部屋から出て行った。
 幸子はやれやれという感じで安子と顔を見交わすと、千鶴のそばへ来て、佐伯さんと何の話をしていたのかとたずねた。
 千鶴はうろたえながら、これまでの事とだけ言った。幸子も安子もそれで話の内容がわかったらしい。誰にも邪魔はさせないからと言い置いていなくなった。
 改めて忠之と二人きりになった千鶴は、スタニスラフの非礼を忠之にびた。
 忠之は何も気にしていないと微笑んだが、それはこの二年のことも含めてのように聞こえる。千鶴は肩透かしを食らった気分だった。
「この二年のこと、怒らんのですか?」
 千鶴が訊ねると、忠之は笑いながら、そげなこと――と言った。
「ほんなことより、おら、自分が進さんの一部として、この二年をどがぁしよったんか、ほれを知りたいんよ」
 それは忠之を喰らった進之丞が、この二年をどう暮らしていたのかということだ。
 千鶴はうなずくと、忘れたくないし忘れられないその記憶を、静かに話し始めた。

 風寄かぜよせの祭りで男たちに襲われた時、突然現れた進之丞に助けてもらったことに始まり、進之丞が人力車で千鶴とはる松山まつやままで運んでくれたことや、仲買人の兵頭ひょうどうの牛代わりに風寄の絣をがすり やまさき機織きしょくまで届けてくれたこと、山﨑機織の壊れただいはち車のぐるま 代わりに、自分が使っていた大八車を置いて行ってくれたことなどを千鶴は語った。
 ただ、山陰やまかげの者とわかった進之丞を祖父が拒んだことは黙っていた。それは忠之を傷つけることになるからだ。
 そうして祖父に気に入られた進之丞が、為蔵ためぞうとタネの世話をする約束で山﨑機織で働くようになった話をすると、忠之はなるほどとうなずいた。やはり為蔵たちがいるのに、どうして自分が松山へ行くことになったのかが気になっていたようだ。
 忠之が忠吉ただきち忠七ただしちと呼ばれていたことや、忠之が甚右衛門たちをどのように呼んでいたのかを千鶴が話すと、忠之は面白そうにそれぞれの呼び方を繰り返した。
 それから懸命に働いた進之丞がみんなに信頼され頼られていたこと、すぐにだいに昇進したこと、休日に洗濯や掃除などを手伝ってくれたこと、二人で祭りや花見を見物したこと、困った時には必ず助けてくれたことなど、千鶴は一つ一つを思い出しながらしゃべった。
 どうでもいいようなことや取るに足らないことまで、思い返せばすべてが幸せなことばかりだった。進之丞と言い争いになったようなことまでもが、今に思えばいとおしかった。
 喋っているうちに、千鶴は涙が止まらなくなった。忠之はまたうろたえて、もう十分だと話を中断させた。
 千鶴は涙を拭きながら、またスタニスラフが素っ飛んで来るのではないかと心配した。すると忠之は、そのスタニスラフのことをいても構わないかと言った。
 千鶴はどきりとした。忠之からすれば、これほど進之丞をいとしく想っているはずの千鶴が、スタニスラフと一緒にいたがるのが不思議なのだろう。
 忠之は千鶴がスタニスラフと仲よくなった経緯いきさつを知りたがった。
 千鶴は仕方なく萬翠荘ばんすいそうに招かれた時の話をした。忠之は目を輝かせて、自分もその時の千鶴を見てみたかったと言った。
「そがぁなことで、あのロシアのお人は千鶴さんのことを、余程よっぽどいておいでるんじゃな。ほれでとわとこから、わざに千鶴さんを迎えにおいでたわけなんか」
 忠之は納得したようにうなずいた。だが、それはスタニスラフについてである。それでも、千鶴の気持ちをただすつもりはなさそうだ。千鶴が誰に心を動かされようと、それは千鶴の勝手だと思っているのだろうか。
 忠之の体を離れた進之丞がどうなったのかを、千鶴はまだ喋っていない。しかし、千鶴の様子を見ていれば、進之丞はもういないということは察しがつくだろう。
 その悲しみを埋めるのは、自分ではなくスタニスラフの役目だと忠之は考えているのに違いない。だから忠之は二人の邪魔をしないように、姿を消そうとしているのだ。
 しかし、それは忠之の本音ではないだろうし誤解である。千鶴はきっぱり言った。
「言うときますけんど、うちがスタニスラフさんのお相手しよるんは、あのお人がとわとこからわざにおいでてくんさったけんぞなもし。ほれ以外の理由はないですけん」
 少し向きになった言い訳を、忠之がどう受け取ったかはわからない。自分の傍から逃げてスタニスラフに寄り添う千鶴の姿を、忠之はおのが目で見たのである。
 千鶴は動揺しながら話題を変えた。忠之に話さなければならないことが、まだ残っている。

      四

 天邪鬼あまのじゃくがどのような鬼なのかを説明したあと、千鶴は前世で起こったことはすべて天邪鬼が仕組んだことだと言った。
 天邪鬼のせいで千鶴と進之丞は死に別れ、鬼と化した進之丞は地獄へちた。ところが二人は奇跡的に今世で再会を果たすことができた。
 だが、それを知った天邪鬼が、再び二人を絶望のどん底へ突き落とそうとしたと千鶴は言った。
 天邪鬼の目的は千鶴を辱め はずかし 、進之丞を鬼にへんさせることだった。そのために天邪鬼がやったことに忠之は憤っ いきどお ていたが、だいりんでの事件のせいで店が潰れたと知ると、衝撃を受けた様子だった。
 千鶴ばかりか甚右衛門じんえもんたちまでもが自分の面倒を見てくれていることを、忠之は不思議に思っていたようだ。しかし、今の話でその理由がわかって愕然がくぜんとし、家も店も失った千鶴たちに同情を寄せた。だが、忠之の方こそすべてを失ったのである。
 いよいよ話の本題が近づき、千鶴の心臓は再び暴れ始めている。
「お店が潰れたあと、進さんはうちをお嫁にして、かぜよせの仕事を引き継ぐつもりでした。ほれで為蔵さんやおタネさんにその報告をするために、進さんは一足先に風寄に戻りんさったんです」
 忠之は目をみはったまま話を聞いている。
 千鶴がしゃべったのは、進之丞が忠之の大切なものをすべて奪おうとした話だ。やまさき機織きしょくでのことはぴんと来なかったかもしれないが、風寄の家族の話となると、自分が進之丞に人生を奪われたのだと、忠之もさすがに実感したに違いない。
 罪悪感を感じながら、千鶴は話を続けた。続けねばならなかった。
「ほん時……」
 緊張が高まり、千鶴は喉が詰まった。喋ろうとすると唇が震えてしまう。
 じっと見つめる忠之の視線が痛くて、千鶴は目を伏せて言った。
「ほん時、天邪鬼が風寄に先回りして、ほれで、ほれで……」
 為蔵さんとおタネさんのお命をうぼたんです――と千鶴は涙をぽろぽろこぼしながら、しぼり出した声で話した。
 え?――と言う小さな声が聞こえた。しかし、あとは何も聞こえない。き直そうとしないのは、千鶴の言葉を信用しているからだろうが、怒鳴る声も泣き叫ぶ声も聞こえない。
「天邪鬼は進さんを怒らせてがんごへんさすために、お二人をあやめたんです」
 千鶴は状況を説明したが、忠之は黙ったままだった。顔を上げてみると、忠之はぼうぜんとしていた。そのほおをつっと涙がこぼれ落ちたが、忠之の表情は変わらない。
 千鶴は忠之に土下座をすると、申し訳ありませんと言った。
「うちらが関わってしもたばっかしに……、佐伯さんのご家族まで犠牲にしてしまいました……。許して欲しいとは言いません……。どうぞ、焼くなり煮るなり、うちを好きなようにしてつかぁさい……」
 忠之は進之丞に二年の時を奪われたことは怒らなかった。だが、大切な家族が殺されたのである。さすがに黙っているはずがない。千鶴は泣きながら忠之の怒りを待った。
 しかし、いつまで経っても忠之の声は聞こえない。怒鳴りもしなければののしりもせず、沈黙だけが続いている。
 千鶴が再び顔を上げると、忠之は放心状態で静かに泣いていた。その様子が悲しくて、千鶴はえつしながら、また頭を下げた。
 しばらくすると、鼻をすする音と穏やかな声が聞こえた。
「千鶴さん、もうええけん。おら、怒っとらんけん、頭を上げてつかぁさい」
 忠之の顔は涙にれていたが、千鶴の顔もぐちゃぐちゃだ。忠之は両手の親指で千鶴の涙をぬぐうと、千鶴に微笑みかけた。
「千鶴さんはおらの家族にうたことがあるんかな?」
 こくりと千鶴がうなずくと、二人はどんな感じだったかと忠之はたずねた。
 初めて会った時の為蔵たちの様子を、千鶴は正直に伝えた。またその後、二人が千鶴たちのために履き物を作ってくれたことや、千鶴を嫁として連れて帰るようにと、進之丞に命じていたことを話した。
 忠之は笑いながら、おとっつぁんが失礼な態度を見せたことは、勘弁してやって欲しいと言った。
「おとっつぁんは頑固なけん、いっぺん言い出したら聞かんのよ。ほんでも、ほんまは千鶴さんがどがぁなお人なんかは、ちゃんとわかっとったんよ」
 千鶴はどんな顔をすればいいのかわからず下を向いた。忠之は遠くを眺めるようにしながら、懐かしそうに喋った。
「何だかんだ言うても、おとっつぁんはおっかさんには頭が上がらんかった……。偉そにしよっても、結局はうねうね言いもって、おっかさんの言うたとおりにいごきよった……」
 千鶴が上目づかいに忠之を見ると、忠之は千鶴をにっこりと見返した。
「二人とも、おらにまっこと優しかった……。おらが捨て子じゃったとは一言も ひとっこと 言わずにな、おらを実の子のように、大事に育ててくれたんよ……。まっこと、おらにはもったいない親じゃった……」
 微笑んだ忠之のほおを、涙がまた流れ落ちた。恥ずかしそうに涙を拭く忠之に、千鶴は恐る恐る訊いた。
「佐伯さん、うちや、進さんのこと、ほんまに怒っておいでんのですか?」
「怒っとらんよ」
「なして? なして怒らんのですか?」
 ほやかて――と忠之はまどったように下を向いた。
「別に千鶴さんがおとっつぁんらをあやめたわけやないし、進さんにしたかて、おらの代わりにおとっつぁんらを大事にしてくれとったんじゃろ? 悪いんは天邪鬼で、千鶴さんも進さんも悪ないけん」
「ほやけど――」
「ええんよ。もう済んだことぞな。今更いまさらどがぁ言うたとこで、せんないことぞな。ほれより天邪鬼よ。天邪鬼はどがぁなったんぞな? 今もまだ千鶴さんのことを狙いよるんかな」
 険しい顔になった忠之に、天邪鬼は死んだと千鶴は言った。
 驚く忠之に、千鶴は城山で鬼にへんした進之丞が、天邪鬼を退治したと話した。ただ、自分が天邪鬼の手に落ちて、前世のように進之丞すなわち忠之の命を奪おうとしたことや、井上いのうえ教諭まで巻き込んで死なせてしまったことは話せなかった。忠之もどうして千鶴たちが城山に登ったのかは訊かなかった。
 天邪鬼を倒したあと、天邪鬼が呼び寄せた警官がやって来た話をした千鶴は、鬼の姿の進之丞が自分を抱きかかえてほんだんの外へ飛び降りたと言った。
「ほしたら、そこにおじいちゃんがおいでたんです」
「おじいちゃんて、だんさんかな?」
 千鶴はうなずくと、自分が鬼に連れ去られたと思い込んでいた祖父が、猟銃を持って城山へ探しに来ていたと話した。忠之は顔をこわらせ、まさか――と言った。
「おじいちゃん、がんごに抱かれたうちを見つけて、うちを助けようとしんさったんです。うち、この鬼は悪い鬼やないて、必死で叫んだけんど、ほん時、大雨が降って雷が落ちたけん、うちの声はおじいちゃんには聞こえんかったんです。ほれで……」
 すぐに逃げていれば、進之丞は撃たれなかっただろう。それなのに進之丞は千鶴を甚右衛門に返そうとした。稲光の中で見た祖父の驚いた顔が浮かび、千鶴はすすり泣いた。
「進さん、すぐに手当したら助かったのに……、うちをここまで運んだけん、ぃがいっぱい出て……」
 あとの言葉が出せず、千鶴は泣いた。忠之は驚いたように目を見開いたが、やがて目を伏せると、ほういうことかと力なく言った。
 千鶴は涙を拭きながら話を続けた。
「佐伯さんの右の腰にある傷は、イノシシにやられたんやありません。ほれは、おじいちゃんの猟銃で撃たれた傷ぞなもし。がんごが死んだ時、佐伯さんも死んだはずじゃったけんど、佐伯さんは息を吹き返しんさって、生き返ることができたんです」
がんごも進さんも死んだのに、おらは生き返ったんかな」
 驚きながらも少ししょんぼりしている忠之に、千鶴は言った。
「佐伯さんぎりでも生き残れたんは幸いなことでした……。佐伯さんから心と体ばかりか、大切なご家族までもうぼてしもた上に……、佐伯さんのお命までも奪うとこでした……。おじいちゃんも佐伯さんに申し訳ないことしたて……、ずっと悔やんでおいでるんです……」
 忠之は自分が死にかけたことには触れずに、悪かったなと顔を曇らせながら言った。
「おらばっかし息吹き返してしもて……。ほんまなら、進さんも一緒じゃったらよかったのにな」
 どきりとしながらも、千鶴は忠之の言葉に腹が立った。
「なしてそがぁなことを言いんさるん? うちらは佐伯さんに取り返しがつかんご迷惑をおかけしてしもたんぞな。謝るんはこっちの方であって、佐伯さんが謝りんさるんはちごとります。佐伯さんは怒りんさってええんです。うちのこと、怒ってどやしつけて殴り飛ばしてつかぁさい。うちはその覚悟でこの話をしたんぞなもし」
 忠之は微笑みながら言った。
「そげなこと、できるわけなかろがな。千鶴さんはおらの命の恩人ぞな。千鶴さんは懸命におらを助けてくんさった。おらな、身内以外でこがぁに親切にされたんは、生まれて初めてなんよ。おら、千鶴さんには感謝の気持ちしかないけん」
 こんな風に言われるなんて千鶴は思いもしていなかった。そこまで想いを寄せてくれているのかと胸が打たれたが、この言葉は正体を明かす前の進之丞が口にした言葉でもあった。どこまでも進之丞と似ている忠之に、千鶴は泣きそうになった。
 忠之は少し戸惑いながら、ほれにな――と言った。
「おら、千鶴さんがこの二年、幸せに過ごしんさったんがうれしいんよ」
 思いも寄らない言葉に、千鶴は忠之を見た。
「おら、ずっと千鶴さんのねきにおったろうに、その間のことは何ちゃ覚えとらん。ほんでもさっきの話聞いたら、千鶴さん、幸せにしよったみたいなし、こがぁなおらでも、ほのことにちぃとでも役に立てたんじゃなて思たら、ほれが嬉しいんよ」
「なして、うちなんかのことを……」
「言うたじゃろ? 千鶴さんはおらの命の恩人やし、おらに優しゅうしてくれたお人やけん。その千鶴さんが喜んでくれよった言うんが、おらには何よりなんよ」
 どうすればこんな風に考えられるのだろう。いくら好意を持ってくれていたとしても、他の者ならこんなことは言わないはずだ。
 千鶴はこらえられなくなった。忠之に背を向けると、声を殺して泣いた。

      五

「千鶴さん、おらと一緒におったら、ほんまはつらかろ?」
 後ろから忠之が申し訳なさそうに声をかけた。千鶴はぎくりとなった。
 急いで涙を拭くと、そがぁなこと――と言いながら忠之を振り返った。しかし、忠之と目が合うと思わず下を向いた。気恥ずかしさと狼狽ろうばいがもつれ合っている。
 忠之は寂しげに言った。 
「進さんはおらと真っついなんよな? と言うか、おらの体を使いよったんじゃけん、おらが進さんじゃったいうことよな。ほんでも、今のおらは進さんとは違うけん、おらと一緒におったら、千鶴さん、混乱してしまわい」
 まったくの図星である。忠之は千鶴の心の内を見抜いていた。それでも今は進之丞への想いと別に、忠之にかれる気持ちもある。ただ、それは口にはできないことだった。
「さっきも言うたけんど、おらぎりやのうて、進さんも生き返ったらよかったのにな」
 しょんぼり話す忠之に、千鶴は腹が立った。そんなことは言って欲しくなかった。
「そがぁなことは言わんでつかぁさい! こんでもうちは佐伯さんが助かるようにがんばったつもりぞなもし」
 千鶴の剣幕に忠之は、ほやかて――と言って悲しげに口をつぐんだ。
 今度は千鶴は自分に腹を立てた。忠之にこんなことを言わせたのは自分なのだ。せっかく生き返った忠之が、己には生きる価値がないと思ったならば、それは自分の責任だった。
 これまでの自分の態度について千鶴がびると、ほれはええんよと忠之は言った。
「おらと進さんはついやけんど、別人じゃけんな。千鶴さんがまどうんもわかるし、どんだけ苦しいんかもわかる気がすらい」
 ただな――と忠之は目を伏せて話を続けた。
「おら、千鶴さんの悲しむ顔、見とないんよ。おらのせいで千鶴さん悲しませとないし、いつまでも千鶴さんをおらに縛りつけとないんよ。おら、千鶴さんには自由でおって欲しいし、好きなようにして欲しいんよ。千鶴さんには笑顔のままでおって欲しいけん」
 千鶴は切なくなった。やはり忠之は自分の気持ちを殺して姿を消そうとしていたのだ。
 本当は自分もあなたのそばにいたい。そう伝えたいが、言葉は頭の中に留まったまま、口に出すことはできなかった。自分の心は進之丞だけのものだし、進之丞が死んで間もないというのに、もう他の男に心を移すのかと、もう一人の自分がののしっている。
 そんな千鶴の葛藤かっとうを知らぬまま、忠之は笑顔を見せて言った。
「おら、もう何でも一人でできらい。和尚さんもおるし、安子さんもおる。千鶴さんがおらいでも、おら何ちゃ困ることないけん。ほじゃけん、千鶴さんはおらのことは忘れて、好きなようにしておくんなもし」
「そがぁなこと言われても……」
「ええんよ。おらに遠慮することなんぞないけん。ほんまにおらじゃったら大丈夫ぞな。千鶴さんは自分が楽しゅう思えることをしよったらええ。ほれがおらの望みぞな」
「ほやかて……」
「あのロシアのお人が初めておいでた時、一緒にんておいでた千鶴さん、まっこと幸せそうに笑いよった。おら、あがぁな千鶴さんでおって欲しいんよ」
 千鶴は体中の血が顔に集まったように感じた。
 思いがけないスタニスラフの訪問に、すっかり舞い上がっていて気づかなかったが、あの時、庫裏くり縁側えんがわにいた忠之に二人の様子を見られていたのだ。
 それは萬翠荘ばんすいそうでの踏会とうかいを進之丞に見られたとわかった時のような、あせりと動揺を千鶴にもたらした。進之丞はスタニスラフと踊る千鶴の笑顔こそが、お不動さまが見せようとした笑顔なのだと思いながら泣いていた。きっと忠之も同じ気持ちだったに違いない。
「ほうやないんです」
 千鶴は訴える眼差しで忠之を見た。だが、やはりあとの言葉が続かない。
 何がそうでないのかを千鶴が説明できないので、忠之にはただの弁解に聞こえたに違いない。それは千鶴が忠之の言葉を否定できないという意味にもなる。
 うろたえる千鶴を励まそうと思ったのか、忠之は少し迷った様子で言った。
「おら、あのお人が千鶴さんにどがぁなんかはわからんけんど、ほんでも千鶴さんがあのお人のことをいておいでるんなら――」
 やめて!――と千鶴は叫んだ。忠之は驚いたように口をつぐんだ。
 何故自分を犠牲にしてそんなことを言うのか。どうして進さんと同じことを言うのか。忠之の悲しみが、進之丞の悲しみとなって千鶴の上にのしかかる。
 進さんでもないのに、進さんとついのことを言うなと、千鶴は怒鳴りたかった。でも本当はそんな悲しい言葉を口にして欲しくなかった。そんなことを言わせてしまったことを謝りたかった。それなのに狼狽ろうばいと腹立ちで混乱した千鶴は、思わず声を荒らげてしまった。
なんも知らんずくに、知ったかぶりして余計なこと言わんでつかぁさい!」
 忠之はあっに取られた顔になった。はっとなった千鶴は、激しく動揺した。
 詫びているはずの忠之に対して怒鳴ってしまったのである。しかも忠之は千鶴の長い話に付き合い、千鶴の悲しみに涙してくれた。その忠之を怒鳴ったのだ。
 おろおろする千鶴に、忠之はしゅんとなって、悪かった――と謝った。その姿を見て、千鶴は愚かな自分に泣きたくなった。
「つい言わいでええことを言うてしもた。堪忍かんにんしてやってつかぁさい。おら、千鶴さんのわろた顔が見たかったぎりなんよ」
 忠之は進之丞ではないのに、進之丞そのものだ。進之丞としても忠之は千鶴を惹きつけてしまう。最後のあらがいが力をなくしそうだ。
 しかし、忠之に声を荒らげたのである。忠之は千鶴が笑顔の仮面を取って、素顔を見せたと受け止めたに違いない。千鶴に好意を寄せながら、自分の存在が千鶴を不快にさせていると思う忠之が、今のでどれほど傷ついたのかが、千鶴には痛いほどにわかっていた。
 うろたえた千鶴は、忠之を抱きしめて本当の気持ちを伝えようとした。どうして自分がいらだつのか、その本当の理由を説明したかった。それでもそれを踏みとどまらせたのは、進之丞への想いだった。進之丞ではない者を好きになるのは許されないことなのだ。
 だが、それでは忠之を傷つけたままになってしまう。千鶴は言い訳しようと口を動かしたが、言葉が出て来ない。何とか出たのは、ごめんなさい――という言葉だけだった。
 忠之は微笑んだが、その目には悲しみのいろが浮かんでいた。

      六

 本当であれば、自分の気持ちを抑えつつ、忠之が一人で暮らせるようになるまで、励まして支えてやるはずだった。それが忠之への償いであり、進之丞の想いの代弁でもあった。
 それなのに、あろうことか忠之に声を荒らげてしまったのだ。そんな者に忠之の世話をする資格はない。それに自分を嫌う相手に世話をされるなど、忠之だって望まないだろう。
 忠之の悲しげな目が頭から離れない。絶対に悲しませたくない人が泣いている。
 千鶴は頭を抱えて泣いた。頭の中で何度も忠之にびた。しかし一方で、泣きながら忠之を想う自分をしかりつける自分がいた。
 自分は完全に忠之に心を奪われている。それは進之丞に対する裏切りだ。このままだと、間違いなく進之丞を忘れて忠之のものになってしまう。早くここから逃げなければ。
 進之丞を慕う心はそう訴え、これ以上忠之といるのは危険だと強い警告を発していた。
 だけど――と忠之にかれる心がためらいを見せる。まだ本当は回復していない忠之を放ってはおけないし、忠之から離れたくない。それでも忠之をあれほど深く傷つけてしまった以上、もう忠之の世話をすることはできない。
 後悔と恐れと恋慕の想いが混乱の渦となって、千鶴から思考力を奪っていた。頭の中は真っ白で、何をどうすればいいのかわからない。ただ忠之を傷つけた罪深さが、この場から逃げ出したいという気持ちとなり、ここを離れねばという想いに拍車をかけた。

 千鶴は庫裏くりの外へ出ると、楠爺くすじいの陰に隠れた。前世から見守り続けてくれている楠爺だけが、自分をわかってくれるような気がした。
「楠爺、おら、もうここにはおれん。ほんでも、おら、どがぁしたらええん?」
 千鶴は楠爺に抱きつきながら、泣きそうな声で話しかけた。しかし、楠爺は何も答えてくれなかった。それは、お前が好きなようにしなさいと言っているようでもあった。
 その時、本堂ほんどうの裏手からスタニスラフの悲鳴のような声が聞こえた。
 千鶴は楠爺から離れて本堂の裏に回った。すると手紙らしき物を両手に持ったスタニスラフが、天に向かって怒ったような叫び声を上げていた。
 千鶴が声をかけると、スタニスラフは驚いたように振り返った。手にしているのは、やはり手紙のようだ。
 千鶴が近づくと、スタニスラフは絶望的な顔で、母からの手紙が届いたと言った。
 法生寺ほうしょうじに住み込みで働くことを決めたあと、スタニスラフは家に手紙を書いた。こちらの事情を説明して、アメリカ行きをもう少し待って欲しいという内容だった。今読んでいたのは、それに対する返事だったようだ。
ヅゥボクゥヴァ、帰ラァナイト、イケナイ」
 え?――と驚く千鶴に、アメリカ行きはこれ以上は引き延ばせないと、母に告げられたとスタニスラフは言った。
「帰るて、いつ?」
「スゥグゥニデズゥ」
 さっきはスタニスラフの嫉妬深さにうんざりし、スタニスラフと一緒にいたことを後悔したはずだった。スタニスラフが一人でさっさとこうへ戻ればいいとさえ思っていた。
 だが、ここから逃げることしか考えられない千鶴は、自分一人がここに取り残されると動揺した。激しく狼狽ろうばいした千鶴は、ほとんど衝動的にしゃべった。
「うちも……、うちも一緒に連れて行っておくんなもし」
 エ?――今度はスタニスラフが驚いた。
ヅゥ、今、何ト、言イマシタカ?」
「うちを一緒に連れて行ってて言うたんぞな」
シヨニ? 神戸へ?」
 千鶴はこわった顔でうなずいた。心の中で、本当にそれでいいのかと叫ぶ自分がいた。しかしその声はとても小さく、混乱した気持ちにかき消された。
 みるみる顔に笑みが広がったスタニスラフは、跳び上がらんばかりに喜んだ。千鶴を抱きしめ、さらに抱き上げると、スタニスラフはくるくる回りながら喜びのたけびを上げた。
 そのあまりの喜びように、千鶴は自分が過ちを犯したことに気がついた。スタニスラフは誤解をしている。これはまずいと思った千鶴に、スタニスラフの顔が迫って来る。
 一緒に連れて行って欲しいとスタニスラフに頼んだのは、ここから逃げ出したいという意味だった。しかし、それはスタニスラフにとっては、千鶴が自分と一緒になることを選んだという意味になる。
 そのことに千鶴はようやく気がついたが、もう遅かった。外へ出ようとして蜘蛛くもの巣に引っかかったちょうのように、スタニスラフの腕に絡め取られた千鶴は身動きができなかった。
 うろたえ動揺しながらも、千鶴はスタニスラフを拒めなかった。自分の方から連れて行ってと頼んだのである。
 こんなはずではと悔やみながら、ついに千鶴はスタニスラフに唇を奪われた。頭の中で進之丞に詫びながら、心だけは進さんのものだからと訴えて許しをうた。
 それでもスタニスラフと唇を重ねる自分を、心の中の進之丞に見せたくはない。千鶴は涙をこぼしながら進之丞に詫び続け、進之丞を心の奥深くに仕舞い込んだ。
 頭の中はからっぽで、悲しげな進之丞の顔も浮かばない。ただ、スタニスラフにあいされるのを感じているだけで、喜びも悲しみもない。
 かすかに心の奥で別の自分が泣き叫んでいた。だが千鶴はスタニスラフの腕の中で、その泣き声も進之丞と同じように心の奥底へ押しった。

      七

 スタニスラフはみんなに話したいことがあると、ねん和尚に告げた。千鶴はスタニスラフの後ろで下を向いている。
 スタニスラフは興奮気味だが、千鶴は後ろめたさと狼狽ろうばいが隠せない。ずっと目を伏せがちで、スタニスラフに従う姿勢を取っていた。
 知念和尚はスタニスラフに手紙が届いたことは知っていた。恐らくそれに関連したことだと思ったようだが、千鶴が一緒なのが気になったらしい。これは何か重大事だと受け止めたようで、すぐにみんなを呼び集めに行った。
 集まって来た甚右衛門たちも、千鶴たちの様子を知念和尚から聞いたのだろう。みんな不安のいろを浮かべている。
 一方で、和尚は忠之を境内けいだいへ連れ出すように伝蔵でんぞうに頼んでいた。スタニスラフが訪ねて来た時のように、ひょっこり忠之が顔を出してはまずいと判断したようだ。
 全員が席に着くと、まずスタニスラフが母から手紙が届いたことを報告した。
 アメリカへ行く日程を変えられないので、すぐに戻って来るようにという手紙の内容を聞かされると、スタニスラフはどうするつもりなのかと安子がたずねた。
 スタニスラフは手紙の指示どおりにこうに戻ると言った。それで甚右衛門たちから不安のいろが消え、あんの笑みが広がった。だが、その笑みは続くスタニスラフの言葉によってすぐに消された。
「神戸ニヴァ、ヅゥモ、シヨニ、行キマズゥ」
 スタニスラフの言葉に、場は騒然となった。
 初めてスタニスラフが法生寺ほうしょうじへ来た時に、スタニスラフは同じことを言ってみんなを怒らせた。その時に、自分は行かないと千鶴は断言した。しかし今はスタニスラフの隣で下を向いたまま黙っている。
「スタニスラフ、あんた、またそげな勝手なこと言うとるんね!」
 頭に血が昇った様子の幸子が叫ぶように言った。しかし、スタニスラフは涼しい顔で、これは千鶴が言ったことだと答えた。
 幸子は千鶴に目を向けたが、千鶴は顔を上げられない。
 異様な雰囲気が広がる中、ほうなんか――と知念和尚が穏やかに千鶴に訊ねた。だが、千鶴は返答ができずにうろたえていた。
「どがぁなんや?」
 黙ったままの千鶴に、知念和尚はうながすように言った。
 千鶴は和尚の顔が見られない。それで下を向いたまま、小さくこくりとうなずいた。部屋の中がどよめき、どがぁなことぞ!――と甚右衛門が怒鳴り声を上げた。
 トミも幸子も、黙ってないで説明せよと怒りを隠さない。和尚夫婦は何も言わないが、納得しているはずがない。
 千鶴は狼狽ろうばいしながら顔を上げた。怒りと不信、また悲しみに満ちたみんなの目が、千鶴を刺すように向けられている。千鶴はどこを見ればいいかわからず、目を左右に泳がせながら蚊が鳴くような声を出した。
「うちは……」
 顔はこわり、手も体も震え続けている。胸の中では心臓が破れそうなほど激しく動き、息が苦しい。今にも吐きそうな気分だ。何でこんなことになったのか。だが、もうあと戻りはできない。
 千鶴はまた下を向くと、震える小声で言った。
「うちは……、スタニスラフさんと一緒に……行くことにしました」
「何じゃと! も、もういっぺん言うてみぃ!」
 興奮した甚右衛門もうろたえているようだ。千鶴はもう一度顔を上げると、祖父の顔を見ながら、やはり震える声で同じことを言った。
「うちは、スタニスラフさんと一緒に、神戸へ行くことにしました」
 甚右衛門は口をぱくぱくさせたが言葉が出ない。驚くばかりの幸子とトミは、今にも泣き出しそうだった。和尚夫婦も口を半分開いたままの顔を、うろたえたように見交わした。
 顔を紅潮させた甚右衛門が、ようやく声を荒らげた。
「お、おまいは行かんて言うたはずぞ。ほの言葉をたがえるんは、どがぁなことぞ? やっぱし、お前は……最初からほのつもりやったんか!」
 千鶴はうなれて首を横に振り、違いますと言った。
「うちはここで佐伯さんのお世話をするつもりでおりました。スタニスラフさんと一緒には行かんて言うたんはうそやありません」
「じゃったら、なしてぞ? なして急に考えを変えたんぞ?」
「うちには佐伯さんのお世話ができんけんです。がんばってはみたけんど、これ以上はもう無理なんぞなもし」
 それは忠之に心を奪われるという意味である。しかし、そのことを理解する者は一人もいない。千鶴は忠之と一緒にいる苦痛が耐えられなくなったのだと、誰もが受け止めただろう。だが、そうだとしても千鶴の宣言はあまりにも唐突であり理不尽だった。
 気を取り直した様子の幸子がいぶかしげに言った。
「あんた、最前さいぜんまで佐伯さんと話しよったばっかしやのに、あん時に何ぞあったんか?」
 幸子と一緒にいた安子も、千鶴の返事を待っている。
「ひょっとして佐伯さんが怒りんさったんか?」
 幸子がづかうように言った。しかし、千鶴は首を横に振った。
 じゃったらなして――と幸子は当惑した。それでも千鶴が返事ができずに下を向いていると、安子が穏やかに千鶴にただした。
「あの子は千鶴ちゃんの話聞いて、何て言うたん? 怒りはせんにしても、何ぞ千鶴ちゃんを傷つけるようなことを言うたんか?」
 千鶴はいいえと首を振り、少しだけ顔を上げて言った。
「佐伯さんはそがぁなことは何も言うとりません」
「じゃあ何て言うたん? 千鶴ちゃんから話聞いて、ずっと黙ったままやったんか?」
「もう自分で何でもでけるけん、うちに世話してもらわんでも大丈夫じゃて言うてくんさったんです」
「千鶴ちゃんは、今のあの子がその言葉どおりやて思たん?」
 千鶴はまた項垂れて首を振った。甚右衛門たちは何かを言いたげだったが、安子が続けて訊ねた。
「千鶴ちゃんは、あの子がもう世話せんでもかまんて言うたことで傷ついたんか?」
 傷ついたのは忠之の方である。千鶴をづかってくれただけなのに、その忠之に千鶴は声を荒らげたのだ。悲しげな忠之の顔を思い出し、千鶴は涙ぐんだ。
 黙り続ける千鶴に、あんたな――と幸子が怒ったように声を張り上げた。
「佐伯さんが、なしてそがぁなこと言いんさったんかわからんのか? まだ支えがなかったら歩けんのやで? そがぁな体やのに世話はいらんて言いんさったんは、あんたがそがぁ言わせたんやないんか?」
 千鶴は下を向いたまま、ぼろぼろ涙をこぼした。まったく母の言うとおりであり、返す言葉がなかった。
 今度はトミが言った。
「さっき幸子から聞いたけんど、おまい、あの子とこれまでのこといろいろ話したそうやな。あの子はほんまに怒らんかったんか?」
 はい――と千鶴は消え入るように言った。
「あの子のご両親が亡くなった話もしたんか?」
 千鶴が声も出せずにうなずくと、トミはその時の忠之の様子を聞かせるように求めた。
 だが千鶴はすぐには話せなかった。それでも繰り返し話を求められ、忠之が黙って泣いていたこと、また少しも怒らなかったことを話した。
 目に涙を浮かべたトミは、この二年の間、何もわからずにいたことはどうかと訊ねた。千鶴は忠之がそれについても少しも怒らず、逆に世話をされたことで感謝されたと言った。
 トミは唇を震わせ、おまいは――と言った。
「おまいはそがぁな優しい子を見捨てる言うんか……。お前のことを責めもせんで感謝までしてくれる……、そがぁな子をお前は見捨てるんか……。お前のせいで独りぼっちになってしもたあの子に……、お前はこがぁな仕打ちをするんか……」
 千鶴は弁解をしようとした。しかし、できなかった。進之丞の死をいたんでいるはずなのに、その心を忠之に奪われるとは言えなかった。
 だが、そんな自分がスタニスラフの嫁になろうとしている。いくら心は進之丞のものだと言っても、これは大きな矛盾である。ただ、もはや自分では止まれなくなっていた。
 知念和尚が千鶴に助け船を出すごとく、話に割って入った。
「千鶴ちゃんはこれまでのことをあの子に話しよるうちに、進之丞のことを改めて思い出したんじゃろ。ほれで、ほれがあんましつろうて耐えきれんようになってしもたんよ。ほうじゃろ? 違うかな?」
 和尚の言葉は間違いではない。忠之に心を奪われまいとあらがうのは、進之丞のことを忘れていないからだ。
 千鶴は和尚にこくりとうなずいた。だが、和尚が誤解しているのはわかっているし、これでみんなが納得するはずがない。
 甚右衛門が横目でスタニスラフをにらみながら言った。
「やけん言うて、なしてこの男と一緒になるんぞ? 進之丞のことを思い出して、佐伯くんのそばにおるんがつろなった。そこまではええ。ほれぎりじゃったら、まだ話はわからい。やが、やけんこの男と一緒に行く言うんは筋が通るまい?」
 ほうよほうよと幸子も言った。なしてね?――とトミも疑問を投げかけ、和尚夫婦も答えを待っている。
 千鶴はただ忠之から逃れたかっただけだった。だから、スタニスラフとこんなことになってしまったことに、千鶴自身が困惑してうろたえていた。そこをみんなから責められると、千鶴は泣くしかできなかった。

      八

 スタニスラフはみんなが何を問題にしているのかが理解できていない。言葉もよくわからないだろうし、そもそもの話の流れを知らないのである。
 それでも千鶴がみんなから責められ続けるのが、我慢ならなかったようだ。チヨトイイデズゥカァ――と不満げな声を上げた。
ヅゥヴァ、ボクゥト、コンシマズゥ。カレェヴァ、僕ト、千鶴ガ、決メルゥカトデズゥ。千鶴ヴァ、僕ト、シヨニナルゥ、言イマシタ。ダカラァ、何モ、問題ナイネ」
 スタニスラフのこの言葉は火に油を注いでしまった。
 甚右衛門は真っ赤になって立ち上がり、何を抜かすか!――と怒鳴った。トミも興奮して、何も知らん異人が勝手なことを言うなとわめき、心配した幸子はトミを懸命になだめた。
 スタニスラフは甚右衛門たちのいかりように驚いたが、自分が間違ったことを言ったとは思っていないようだった。それで千鶴はスタニスラフに、日本では子供の結婚を決めるのは親の役目で、自分たちだけで勝手に決めることはできないと説明した。だが納得できない様子のスタニスラフは、それはおかしいとしきばんだ。
 甚右衛門は千鶴に顔を向けると、体を震わせながら言った。
「千鶴、おまいはこがぁに失礼な男の嫁になる言うんか! 進之丞が死んでまだ四十九日しじゅうくにちも終わっとらんのに、その進之丞を忘れて、進之丞とは真逆のこがぁな礼儀知らずの男と一緒になるんか!」
 トミも怒りを隠さない。落ち着かせようとする幸子を無視して千鶴を責めた。
「そもそも伯爵はくしゃく御夫妻の御前おんまえでこの男と結婚の約束交わしたいうんも、新聞の間違いなんぞやなかったんじゃな。進之丞はおまいをかぼて死んだ言うのに、お前はあん時からこの男に心変わりしよったんか! あれこれえらそなこと言うておきながら、やっぱし普通の男がよかったいうことじゃろが。この恩知らずの浮気もん!」
 千鶴は首を横に振り、そうではないと言おうとした。だが自分がやっていることは、こう責められても仕方がないことだった。
 スタニスラフは千鶴をかばいながら、シンノジョウとは誰のことなのかと、みんなの顔を見回しながらたずねた。
「知りたいんなら、千鶴にいたらよかろ!」
 トミが吐き捨てるように言った。スタニスラフは困惑しながら千鶴に訊ねたが、千鶴には説明できなかった。話したところで、スタニスラフが理解できるはずがないし、簡単に他人にしゃべるようなことではない。特にスタニスラフには何も話したくなかった。
 千鶴が泣き出しても、甚右衛門たちは容赦しなかった。スタニスラフが何か言おうとしても、一切聞く耳を持たなかった。
 幸子も涙を流しながら、千鶴をしかりつけた。
「千鶴、あんた、自分がやろとしよること、たださんの前で言うとうみ。もう、あなたのことは忘れたけん、この人と一緒になりますて言うとうみや!」
 母にまできびしいことを言われて、千鶴は泣き崩れた。本当の気持ちなど誰にも言えないし、誰にもわかってもらえない。
 今度は忠さんという名前が出て来たので、スタニスラフはさらに混乱したようだった。それで幸子がスタニスラフに言った。
「佐伯さんのことやないで。さっきから言うとる進之丞のことや。この子と夫婦めおとになるはずじゃった、まっことええ子やったんよ。その子がな、つい一月ひとつき前に亡くなったんよ」
「ナクゥナタ?」
「死んだんよ。この子護って、この子の代わりに死んだんよ。ほれでこの子もずっと泣きよったのに、手のひら返して、あんたと一緒に行く言うけん、みんなが怒りよるんよ」
 初めて聞いた話にスタニスラフは驚いた。しかし、自分と結婚すると千鶴が決めたのは、本当は進之丞を好きではなかったということだと、スタニスラフは言った。
 それに対して、誰も反論しなかった。いや、できなかった。事実、千鶴は進之丞を忘れて、スタニスラフの嫁になろうとしているのだ。
 どこに千鶴の本心があったのか、甚右衛門たちにとっては明らかなのだろう。それは千鶴が進之丞を偽り続けていたということであり、進之丞を哀れに思う甚右衛門たちは、何も言わずにただ涙を流していた。
 千鶴は居たたまれなくなり、おじいちゃん――と言った。
「うちは今の自分の気持ちを口にしました。ほやけど、うちの相手を決める権利はおじいちゃんにあります。おじいちゃんがスタニスラフさんと一緒に行くんは許さんと言いんさるなら、うちはほれに従います」
 千鶴の言葉にスタニスラフは慌てたようだった。だが、千鶴は祖父の言葉に救いを求めていた。この結婚を止められるのは祖父だけだ。絶対に許さんと言って欲しかった。
 千鶴のれた目に見つめられたまま、甚右衛門は返事をしない。下を向いたまま黙っている。まるで千鶴の言葉が聞こえていなかったかのようだ。
 おじいちゃん――千鶴がうながすように声をかけると、甚右衛門はようやく顔を上げた。目を真っ赤にした甚右衛門は、疲れ切ったような途方に暮れた表情だ。
「おまいが自分の気持ちを言うたように、わしらも自分の気持ちを言うた。ほんでも、わしはお前に命令はできん」
 千鶴は驚きうろたえた。祖父が引き留めてくれると思ったのに、何だか祖父の様子がおかしい。祖母や母も妙な顔をしている。
「言うたように、わしはおまい法生寺ほうしょうじにおった娘の生まれ変わりとして、大切にすることをちこた。そのお前がその男を選ぶと言うんなら、ほれは仕方しゃあないことぞな。あきらめるしかなかろ。お前と進之丞が夫婦めおとになっとったんならともかく、そがぁなる前にあの男は死んだけんな。お前があの男の喪に服する義務はない」
 甚右衛門の言葉には、トミも幸子も驚いたようだ。目を見開いて甚右衛門を見たが、甚右衛門は力なく話を続けた。
「ほんまじゃったら、あの男こそがおまいの夫となるはずじゃったが、わしが死なせてしもたけんな。そがぁなわしにとやかく言う権利はない。お前の好きにしたらええ」
 喋り終えた甚右衛門はこらえきれずに泣いた。進之丞の無念を想い、進之丞にびながら泣いているのに違いない。
「おじいちゃん……」
 呆然ぼうぜんとする千鶴の横で、甚右衛門の最後の言葉だけがわかったスタニスラフは大喜びした。みんなの前で千鶴を抱きしめ、そのほおに口づけをした。
 千鶴は人形のようにスタニスラフに抱かれたまま、祖父を見つめていた。もう自分を止めてくれるものはなくなったと、千鶴の目から涙がこぼれた。だが、みんなはそれを感激の涙と見たようだ。
 トミも幸子も悲しげだったが、甚右衛門が認めた以上は何も言えない。それは知念和尚と安子も同じだった。二人は黙ったまま涙ぐんでいる。
 和尚夫婦にとっては、忠之も進之丞も我が子と同じである。その二人ともが千鶴から見捨てられようとしているのである。そのことを和尚夫婦が悲しまないわけがなかった。
 トミは悔しそうにしながら、二人の仲を認めはするが祝福はしないと言った。それが精いっぱいの言葉なのだろう。
 憔悴しょうすいしきった様子のトミは、立ち上がろうとしてふらりと倒れそうになった。幸子が慌てて体を支えて別の部屋へ連れて行き、甚右衛門も心配そうについて行った。だが、千鶴はそこへ加わることができなかった。
 スタニスラフが来て以来、千鶴と家族の間はぎくしゃくしていたが、まだその関係は途絶えてはいなかった。和尚夫婦も何とか千鶴の気持ちをわかろうとしてくれていた。
 しかし、今度ばかりは家族との関係が完全に途絶えてしまったようだ。和尚夫婦との間にも、見えない壁ができたみたいだ。
 千鶴は本当の孤独になった。これまで千鶴は一人で悲しみを背負っているように思っていた。だが、そうではなかったのだと思い知らされていた。
 進之丞との想い出や、進之丞を失った悲しみを、本当は家族や和尚夫婦と分かち合っていた。そのことを知ろうとせず、自分の気持ちばかりに目を向けていたため、そのすべてを失う羽目はめになってしまった。それどころか、進之丞の姿を思い浮かべることすらできなくなったのだ。
 進之丞への想いを守ると言いながら、進之丞を裏切ってスタニスラフの嫁になるのである。心の中の進之丞に合わせる顔などないし、これまでのように自分の苦しみも聞いてもらえない。今のこの絶望的な状況のこともである。
 まさに千鶴は独りぼっちだった。唯一千鶴の相手ができるのは、千鶴の心を知ることができないスタニスラフだけだ。
 みんながいなくなったので、スタニスラフは千鶴を抱きしめて唇を求めようとした。
 千鶴はスタニスラフを押しのけると、背を向けて泣いた。