> 野菊のかんざし > 死んだイノシシ

死んだイノシシ


     一

 夜明けの輿こしの宮出しを見たあと、千鶴ちづたちが法生寺ほうしょうじに戻って来ると、やすが朝飯を用意してくれていた。
 箱膳はこぜんに並べられているのはかゆ味噌みそしる、漬物とかぼちゃの煮物、それに温かい湯豆腐だ。
 千鶴の家では朝飯といえば、麦飯と味噌汁と漬物だけだ。おかずにかぼちゃの煮物と湯豆腐が添えられているのは、驚くほど豪華な朝飯である。お寺なので普段は質素な食事のはずだが、この日は千鶴たちのためにごそうを出してくれたのだろう。
 朝飯の事情ははるも似たようなものらしく、用意された箱膳を見るなり、おごっそうじゃ!――と大きな声を上げた。
 この季節、昼間はまだ温かいが、夜明け前は結構冷える。温かい食事は本当に有り難いし、それを用意してくれた者の温かさも有り難い。
 千鶴たちが箱膳の前に座ると、ねん和尚と安子はにこにこしながら、祭りはどうだったかとたずねた。二人とも先に食事を済ませており、食べるのは千鶴と春子だけだ。
「やっぱし地元の祭りはええぞな。じょはん学校に入ってから、ずっと見られんかったけん、今日はまっこと感動したぞなもし」
 春子は興奮しながらしゃべると、その勢いのまま味噌汁を飲もうとした。しかし味噌汁が熱かったので、慌ててわんから口を離した。
 春子の様子に笑った和尚と安子は、今度は千鶴に感想をいた。
 千鶴は、昨夕ゆんべのだんじりもよかったけれど、今朝のはさらににぎやかで楽しかったと言った。
 喋っている間、千鶴はできるだけ笑顔を繕ったつもりでいた。それでも、やはり表情が硬いのは否めない。
 地獄の夢や、がんごめに取りかれたのかもしれないという不安、加えてほとんど眠れなかったことが、千鶴から元気を奪っていた。
 確かに今朝の宮出しでは、昨夜より多くの屋台が見られた。その光景が素晴らしかったのは事実だ。だけど、千鶴には感動している余裕はなかった。頭の中は、自分はどうなるのだろうかというおびえでいっぱいだった
 千鶴の気持ちに気づいていないのか、知念和尚は千鶴の感想にうなずいて言った。
「昔は、わしらも宮出しを見に行きよった。ほんでも、やっぱし寺の仕事があるけんな。ほれで、見に行くんはやめたんよ」
「ほのごろの仕事いうたら、寝ることじゃろがね」
 安子に笑われると、和尚も恥ずかしそうに笑った。千鶴たちも一緒に笑ったが、千鶴の笑いは形だけのものだ。
松山まつやまのお祭りにはおらんけん、だいは珍しかろ?」
 口の中のかぼちゃをもごもごさせながら、春子が得意げに言った。大魔とは露払つゆはらい役として神輿の先を歩く二匹の鬼のことだ。
 ぎこちなくうなずいた千鶴に、春子は笑いながら言った。
山﨑やまさきさん。大魔出て来たら顔引きつらせよったね。あれ、そがぁに怖かった?」
「ほやかて、初めて見たけん」
 千鶴は小さな声で言葉を濁した。春子は楽しげに粥を口の中に流し込んだ。
 初めて大魔を見た時、千鶴はぎょっとした。まるで自分の正体を突きつけられているみたいで、その場から逃げだしたくなった。しかしそうもいかないので、必死に恐ろしさをこらえていたのだ。
 粥を食べ終わった春子は、大魔の役目は誰でもできるわけではないと言った。この役目は特別な地域の者だけに与えられた栄誉なのだそうだ。
 春子の話によれば、その昔、風寄かぜよせがひどい大水おおみずに襲われたことがあり、その時に神社のご神体が海に流されたのだという。
 夢のお告げでご神体が沈んだ場所を知った村人は、舟で海に出たもののご神体の引き揚げ作業は難航した。ところが、そこへ釣りに出ていた山の若者二人が力を貸すと、見事ご神体は引き揚げられた。大いに喜ばれた神は若者たちに神輿の露払い役を与え、それが大魔の始まりとなったということだ。
 大魔が鬼の姿をしているのは、大いなる力の化身の意味だ。姿は恐ろしくても、神に従う鬼ほど心強いものはない。
「ほやけんな、大魔は地獄の鬼とは違うんよ」
 春子は得意げに言った。その言葉は千鶴の胸にぐさりと刺さった。
 地獄の鬼は神とは真逆の存在であり、がんごめも同じだ。
 ますます追い詰められた気分になった千鶴は、箸と茶碗を持ったまま目を伏せた。

「千鶴ちゃん、何や元気ないみたいなけんど、また何ぞ嫌なことがあったんやないん?」
 ばちで沸かしたお湯でお茶をれていた安子が、心配そうに言った。
 千鶴は慌てて顔を上げると、首を横に振った。
「別に何もないですけん」
「何か怪しいねぇ。ほら、正直に言うとうみ。何でも一人で抱え込むんはようないけん」
 安子には見透かされていたようだ。千鶴が下を向くと、やっぱしほうなんか――と知念和尚も言った。
「何や元気ないなとは思いよったんやが、やっぱし何ぞあったんやな。安子の言うとおり、一人で悩みよっても仕方しゃあないぞな。わしらでよかったら話聞いてあげるけん、言うとみんさいや」
 春子が食べるのも忘れて顔を曇らせている。
 千鶴は覚悟を決めた。
「あの、もし知っておいでたら、教えてほしいんですけんど」
「知っとることなら、何でも話してあげよわい」
 知念和尚は身構えたように腕を組んだ。
「がんごめて……何のことでしょうか」
 がんごめが鬼でなければ安心だ。千鶴の問いかけに春子は驚いた顔を見せ、しょんぼりと下を向いた。
「がんごめ? その言葉がどがいしたんぞな?」
 和尚は初めて聞いた言葉だと言いたげな顔を見せた。一方、安子は少し不安げに見える。
村上むらかみさんのお家で子供らがうちを見て、がんごめじゃて言うたんぞなもし。でも意味がわからんけん、村上さんに訊いたんですけんど、村上さんも知らんみたいなけん」
 ふむと和尚はうなずきながら、横目でちらりと春子を見た。春子は下を向いたままだ。
「子供がふざけて言うたことじゃろけん、そがいに気にせいでもええんやない?」
 安子が慰めるように言った。千鶴は首を振ると、ほやない思うんですと言った。
「がんごめやなんて、子供が勝手に考えた言葉とは思えんぞなもし。子供は誰ぞの真似するもんですけん、きっと大人が使つこた言葉や思うんです」
「ほらまぁ、ほうかもしらんけんど……」
 言葉を引っ込めた安子と、黙っている和尚を見比べながら、千鶴は自分の考えを述べた。
「鬼のこと『がんご』言いますし、しこの『め』は『女』て書きますけん、『がんごめ』いうんは……」
じょやて思いんさったんか?」
 千鶴はこくりとうなずいた。春子はますますうなれて泣きそうな顔になっている。
「うち、思たんです。うちが村上さんの家飛び出したんは、村上さんのひぃおばあちゃんに、がんごめて言われたんやないかて。ほうやとしたら、他の人にもうちががんごめに見えるんやないかて……」
「そげなことない!」
 春子が涙ぐんだ顔を上げて叫んだ。
「山﨑さん、絶対そげなことないけん! ヨネばあちゃん、けてしもとるんよ。他のもんは誰っちゃそがぁなこと思とらんけん!」
 やはり思ったとおり、春子のそう祖母は千鶴をがんごめだと見たようだ。春子の否定の言葉は、かえって千鶴を落ち込ませた。
 知念和尚は微笑みながら千鶴に優しく言った。
「春ちゃんの言うとおりぞな。千鶴ちゃんみたいな別嬪べっぴんさん、誰ががんごめやなんて言うんぞ。そげなもんどこっちゃおるまい」
 安子も笑顔を見せて明るく言った。
「な、わかったじゃろ? ほやけんな、もう、そげなことは気にせんの。そもそも千鶴ちゃんにはお不動さまがついておいでるんじゃけんね」
 わるわる慰められ、千鶴はわかりましたと言った。
「もう言いません。けんど、もう一つぎり知りたいことがあるんぞなもし」
「何ぞな。何でも言うとうみ」
 知念和尚が応じたが、千鶴は春子に訊ねた。
「村上さん。ひぃおばあちゃん、なしてうち見て、がんごめ言うたんかわかる?」
「な、なしてて……」
「みんながうちのことをがんごめじゃて思わんのなら、なしてひぃおばあちゃんぎり、うちをがんごめ言うたんじゃろか? ひぃおばあちゃんにはうちの頭に角が見えたろうか?」
「ヨネばあちゃん、惚けとるぎりじゃけん。そげなこと、そがぁに真面目に考えんでもええやんか」
 春子は答えたくなさそうだった。ということは、春子は理由を知っているのだろう。
「和尚さんたちはわかりますか?」
 千鶴は知念和尚と安子に顔を向けた。
 安子が当惑顔で和尚を見ると、和尚は春子に声をかけた。
「春ちゃん、もう千鶴ちゃんに話してやってもかまんかろ? 千鶴ちゃんは頭のええ子ぞな。隠したかて疑いはますます膨らもう。ほんで、いずれは春ちゃんに不信感を持つようになろ。ほんでも春ちゃんはええんか?」
 春子が首を横に振ると、ほうじゃろ?――と和尚は言った。
「ほんなら、わしから千鶴ちゃんに話そわい。ええな?」
 春子は黙ってうなずいた。
 知念和尚は千鶴に向き直ると、今から二月ふたつきほど前の話ぞな――と言った。
「台風がよった時があったろ? あん時にな、そこの浜辺にあったこんまいほこらがめげてしもたんよ。ほれからなんじゃな、おヨネさんが妙なこと言いだしたんは」

     二

 法生寺ほうしょうじの近くの浜辺には、村人たちに忘れ去られた小さなほこらがあった。その祠はヨネが一人で世話をしていたのだという。
 そのヨネが足腰が弱くなったため、数年前からはイネやマツが祠の世話をしていたそうだ。しかし、そこにどんな神さまがまつられているのかを、ヨネは誰にも教えていなかった。
 知念和尚が話した台風が来たのは、今年の八月のことだ。この時期に台風が襲って来るのは珍しいのだが、その時に松山まつやまはかなり荒れた。また、風寄かぜよせも激しい風雨にさらされた。
 台風が去った翌日、イネが祠を見に行くと、祠はばらばらに壊れていた。長年の風雨でかなり傷んでいたので、壊れてもおかしくはなかったらしい。周囲の木々も折れていたので、傷んだ祠が壊れるのは当然でもあった。
 ところが、その話を耳にしたヨネは狂ったように騒ぎ始めた。鬼が来て村が滅びると言うのだ。
 何を言っているのかと家族に問い詰められ、ようやくヨネは、あの祠が鬼から村を護る鬼よけの祠だと話した。
 ヨネが言うには、鬼を見たというヨネの父親がこの鬼よけの祠を造ったらしい。
 この祠ができた時、これは鬼よけの祠ではあるけれど、人前では絶対に鬼の話はするなと、ヨネは父親からきつく命じられた。鬼のことを口にすれば、ひどい目にわされるというのが理由だ。
 どんな目に遭わされるのか、具体的なことはヨネの父親は話さなかったようだ。それで、祠の秘密が知れると祠の世話をする者が鬼に狙われるのだと、ヨネは自分なりに解釈した。だからヨネは祠のことをこれまで誰にも話さなかったのである。
 しかし、いくら父親が鬼を見たからといって、そこまで鬼の話を信じるものか。ヨネが鬼の話を信じるのには理由があった。それはヨネ自身が子供の頃にがんごめを見ていたからだった。
 ヨネがまだ幼かった頃、がんごめは法正寺にんでいたという。ヨネの家は法生寺の近くにあったので、ヨネは時々がんごめを見ることがあった。がんごめは雪のように白い若い娘の姿をしていて、見つめられると動けなくなったそうだ。

 鬼もがんごめも実在した。そして、ヨネはがんごめを知っていた。
 千鶴は動揺を隠せないまま和尚夫婦にたずねた。
「このお寺に、がんごめがおったんですか?」
 知念和尚は安子と顔を見交わしたあと、困惑気味に言った。
「村長からもそげなことかれたんやがな。わしらは途中からこの寺に来たけん、そげな昔の話は何も知らんのよ」
 和尚に続いて、安子が言った。
「昔、この寺で火事があってな。本堂ほんどうは無事じゃったけんど、庫裏くりが焼けてしもて、ほん時に書き物が全部焼けてしもたんよ。ここのご住職も、ほん時に亡くなってしもたけん、昔のことはようわからんのよ」
 それはめいが始まるより前に起こった事件で、当時の風寄の代官とその息子までもが亡くなったらしい。
 残された代官の妻は髪を下ろして尼となり、庫裏の焼け跡に小さないおりを建てて、夫と息子、そして亡くなった住職をとむらい続けたそうだ。
 その後、その尼が亡くなると、法生寺は遠く離れた別の寺の住職が、掛け持ちで管理をすることになった。
 知念和尚がこの寺へ来たのは、掛け持ちの住職二人をたあと、明治のなかば過ぎになってようやく庫裏が再建されてからだった。
 掛け持ちをしていた住職は二人ともこの土地の者ではなく、普段はほとんどこちらにいなかった。それに、初めの掛け持ち住職が風寄を訪れたのは、代官の妻であった尼が亡くなってからのことだ。
 そんな状況なので、掛け持ちの住職たちは庫裏が焼ける前のことは、まったくといっていいほど何も知らなかったそうだ。
「そがぁなわけでな、前のご住職らからがんごやがんごめの話を聞くことはなかったんよ」
 知念和尚の話に、安子もうなずいた。
 ただ、その住職たちが伝え聞いた話によれば、庫裏が焼ける少し前に、この寺にらちな侍たちが集まって狼藉ろうぜきくわだてていたらしい。代官はその侍たちに殺され、当時の住職も命を落としたのだという。その時の争いで庫裏は焼け、寺へ押し寄せた村人も多くが命を失った。また、同じ時に北城町きたしろまち辺りにあった代官屋敷も焼けたそうだ。
 法生寺の庫裏と代官屋敷が燃えたことは、村長のしゅうぞうも知っていた。その事件に悪い侍たちが関わっていたことも、修造はわかっていた。
 一方、ヨネも燃える庫裏と代官屋敷を自分の目で見ていた。その上で鬼やがんごめの話をするので、修造はとても困惑したようだ。
「おヨネさんほど長生きしておいでるもんは、この村にはおらんけんな。がんごめの話がほんまなんかは確かめようがないんよ」
 知念和尚が当惑気味に言った。しかし、千鶴は話を曖昧あいまいなまま終わらせたくなかった。
「ほやけど、ほんまにがんごめがおったんなら、どっかにそげらしい話が伝わっとってもええ思うんですけんど」
 千鶴の言葉に和尚は、ほうなんやがな――と言った。
「村長ですら知らんのじゃけん、期待はできまい。ほれでこの話はな、村上むらかみとわしらぎりの話いうことになったんよ。おヨネさんが妙なこと言いだしたて、うわさが広まったら村長も困るけんな」
 千鶴は春子に改めて訊ねた。
「村上さんはひぃおばあちゃんの話、知っとったんじゃね?」
 春子は小さくうなずき、千鶴の言葉を認めた。
「こないだのお盆にんて来た時、そげなことがあったて聞いたんよ。ほやけど、まさかヨネばあちゃんが山﨑さん見て、がんごめ言うとは思わなんだんよ」
「ほれはほうじゃな。そげなこと誰も思うまい」
 知念和尚が春子を慰めるように言った。
 千鶴はヨネががんごめという言葉を使った理由を考えた。その時のことは思い出せていないが、夕刻の頃だから家の中は薄暗かったと思われる。がんごめは千鶴のように白い肌らしいが、暗い所では肌の色はよくわからない。であれば、ヨネには千鶴の頭に角が見えたのか、あるいは千鶴の顔立ちががんごめと似ていたのかもしれない。
 がんごめと同じ顔に見えたのだとすれば、それはつらいことだ。千鶴は気持ちが沈んだが、ヨネの父親は本当に鬼を見たのだろうかと、ふと思った。そのことを訊ねると、知念和尚が説明してくれた。
がんごはそこの浜辺でようけの侍を殺しよったそうな。沖には見たこともない真っ黒ででっかい船が浮かんどって、鬼はその船に向かって海に入って行ったんじゃと」
 単に鬼を見たというのではない。かなり具体的な話だ。その上、わざわざ鬼よけの祠まで造ったのだから、ヨネの父親が法螺ほらを吹いたわけではなさそうだ。
 千鶴はうろたえながら訊いた。
「ほれで、がんごめはここで何をしよったんですか?」
 春子は黙っている。代わりに知念和尚がまた口を開いた。 
「おヨネさんが言うにはな、村にわざわい呼んで、村のもんの命をうぼたんじゃと」
「禍?」
「たとえば、大雨降らして大水おおみずを引き起こしたり、悪い病を流行はやらせたりするんよ。ほんで、亡くなった人の墓をな、あとで掘り返してにくろうたそうな。特に子供の屍肉を好んだんじゃと」
 千鶴はぞくっとした。頭には、あの恐ろしい地獄の光景が浮かんでいる。

     三

 ――子供を返せ! おまいろうた、おらの子供を返せ!
 しかばねの女が焦点の合わない目でにらんでいる。
 子供のにくを喰ったような気がして、千鶴は手で口を押さえた。腹の中の物が込み上げるのを必死でこらえていると、春子が心配そうに大丈夫かと声をかけた。
 安子は和尚をにらんでしかりつけた。
「人がめし食うとる時に、そげなこと言うたらいけんでしょうが」
 知念和尚は頭をくと、千鶴にびた。
「悪かったぞな。もう、この話はおしまいにしよわい」
 いえ――と千鶴は口を押さえながら言うと、大きく息を吸ったり吐いたりした。それからお茶を一口飲むと、ふぅと息を吐いた。
「もう、大丈夫ですけん。今の話ですけんど、がんごめがそげな悪さするんがわかっとるんなら、なして村の人らは黙っとったんですか? ほれに、ここにおいでたご住職も、なしてがんごめがお寺にむんを許しんさったんでしょうか?」
 今度は春子が答えた。
「がんごめはな、人の心を操ることがでけたんじゃと。ほれで、ここのお坊さまやお代官を味方につけて、我が身を護ったんやて」
 何だか話がややこしい。千鶴は話を確かめながらしゃべった。
「じゃったら、ここにおった悪いお侍は、ここでがんごめと争うたんじゃろか? ほのお侍らがお代官やご住職をあやめたんなら、がんごめの敵いうことになろ?」
 ほうならいねぇと春子はうなずいた。
「普段はおらんのがいきなし来たんなら、がんごめもたまげた思うで。ほれも相手は刀持ったお侍やけんな。ほんで、そこの浜辺で悪者わるもん同士で争うことになって、ほれをおらのひぃひぃじいちゃんが見んさったんよ。絶対にほうやで」
 喋ってから、春子は慌てて自分の言葉を否定した。
「言うとくけんど、これはヨネばあちゃんの話がほんまのことと仮定しての憶測なで。ほじゃけん、山﨑さん、本気で聞いたらいけんよ」
 うなずきはしたものの、ヨネの話が真実のように思えた千鶴は、和尚にたずねた。
「結局、がんごめとがんごはどがぁなったんぞなもし?」
 ほんまのとこはわからんが――と知念和尚は前置きして言った。
庫裏くりが焼けてからは、がんごめはぱったり姿を消したそうな」
がんごの方は?」
「おヨネさんの父親が他のもんを呼んでんた時には、もうがんごはおらんでな。ほん時に沖へ去った黒い船が見えたんじゃと。ほれで鬼もがんごめもその船で逃げたと、おヨネさんの父親は思たみたいじゃな」
「ほれで浜辺にがんごよけのほこらをこさえんさったんですね?」
「ほういうことらしいわい」
 話の辻褄つじつまは合っている。やはり鬼やがんごめはいたのか。千鶴は暗い気持ちになった。

 千鶴の顔色を見た安子が明るい声で言った。
「二人ともお箸が止まっとるよ。この話はおしまいにしてよ食べてしまわんと、すぐにお昼になってしまうぞな」
 春子は急いで箸を動かし始めた。しかし、千鶴は箸を持つ手が震えてしまう。再び箸を止めた千鶴は、あと一つぎり――と言った。少しでも鬼の話を否定するあかしが欲しかった。
がんごがお侍とたたこうた話がほんまなら、浜辺に争いの跡が残っとったんでしょうか? たとえばおおけな足跡があったとか」
「足跡のことはわからんが、浜辺には侍連中の死骸が――」
 知念和尚はそこで言葉を切ると、安子の顔を見た。安子は自分で考えなさいと言いたげなとぼけた顔をしている。
「大丈夫ですけん。続けてつかぁさい」
 千鶴が言うと、和尚はもう一度ちらりと安子を見てから続きを喋った。
「実際、浜辺に侍連中の死骸がごろごろあったらしいぞな」
「じゃあ、ほんまにがんごとお侍が?」
「ほれが前のご住職の話では、侍連中とたたこうたんは代官の息子なんじゃと」
「お代官の息子? がんごやのうて?」
 うなずく和尚に、戦ったのは代官の息子だけなのかと春子が訊ねた。
 ほうらしいと和尚が言うと、春子はヨネの言い分も忘れたかのように目を丸くした。
「こがぁな田舎におったにしては、相当な剣の腕前やったみたいぞな。浜辺にあった死骸は、どれも一刀のもとに斬り殺されとってな。そこに代官の息子の刀が落ちとったそうな。ほれで誰ぞが見たわけやないんやが、たぶん代官の息子がやったんじゃろいう話ぞな」
「そのお人にとって、相手はにっくき父のかたきやけんね。命を懸けて戦いんさったんじゃろねぇ」
 安子がうなずきながら言った。
 侍たちと戦ったのは鬼ではなかった。その話が真実なのかはわからないが、千鶴はそう信じたかった。
 それにしても一人で大勢の侍を相手に戦うのは、勇ましいが切なくもある。千鶴は代官の息子を気の毒に思いながら、その姿を思い浮かべようとした。すると、何故かそれらしき場面がはっきりと見えた。
 刀を抜いた一人の若い侍が、千鶴に背を向けて立っている。向こうを向いてはいるが、あの若侍だと千鶴は直感した。 
 場所は浜辺で、刀を抜いて身構えるその姿は満身まんしんそうに見えた。その向こうの松原から大勢の侍たちが刀を抜いて走って来る。
 千鶴は侍たちの狙いが若侍ではなく自分だと思った。若侍は千鶴を護るために、ただ一人侍たちの前に立ちはだかっていた。

「たった一人で戦うやなんて活動写真の主人公みたいぞな。そがぁながいなお人がおったやなんて信じられん」
 興奮した春子の声で、千鶴は現実に引き戻された。今のはいったい何だったのか。一瞬のことではあったが、千鶴は本当に海辺にいた。そして、あの若侍は襲って来る侍たちから千鶴を護ろうとしていたのだ。
 春子の言葉に、まったくぞなと知念和尚がうなずいた。
「恐らく、父親の代官がかなりの腕前やったんじゃろなぁ。ほうでなかったら、こがぁな田舎で剣術の達人にはなれまい」
「けんど、おとっつぁんの方は悪いお侍らに殺されてしもたんでしょ?」
「たぶん不意を突かれたんやなかろか。でなければ、そがぁ簡単には殺されまいに」
 春子と和尚の会話は、動揺する千鶴の耳には聞こえていない。
 今の白昼夢は千鶴の妄想ではない。勝手に現れたのだ。本当にそこにいた感じは、若侍や鬼の夢と似ている。まるで忘れていた記憶を突然思い出したみたいだ。これは自分の記憶なのだろうか。
 千鶴は和尚に怖々こわごわ訊ねた。
「ほのお代官の息子さんのことは、何もわからんのですか?」
 ほうなんよ――と和尚は言った。
「ずっと行方知れずでな。代官の息子がどがぁなったんかは誰にもわからなんだ。ほんでも、浜辺には刀の他にずたずたにされた血だらけの着物が残されとったそうなけん、最後には力尽きて海に流されてしもたんじゃろ」
 千鶴は泣きそうになった。自分を護ろうとしてあの若侍が死んだと思えてならなかった。和尚の話と今の幻影が同じものである証拠はない。けれど、千鶴は若侍が代官の息子であるような気がしていた。
 だがそうであるなら、実際に自分がその場にいたことになる。ヨネが見たというがんごめは、前世の自分だったということなのか。
 思いもしなかった考えに千鶴はうろたえた。でも若侍と想い合っていた実感があまりにも強くて、その考えを否定できなかった。今のが前世の記憶であるならば、若侍や鬼の夢は本当にあったことといえる。浜辺の鬼は若侍が死んだあとに現れたのだ。
 千鶴の手が小さく震えた。これまで別の自分だと受け止めていたものは、よみがえりつつあるがんごめの本性なのだ。若侍も鬼も自分の前世の記憶なのだ。いずれはそれがはっきりして、自分はがんごめになるのだろう。

「千鶴ちゃん、大丈夫?」
 千鶴の暗い顔を、安子がのぞきこんだ。
 大丈夫ですと微笑んでみせたが、少しも大丈夫ではない。
 千鶴を気にしているのか、春子が遠慮がちに言った。
「ほれにしたかて、お侍らとたたこうたんががんごにしてもお代官の息子にしても、もうちぃと見たもんがおってもよさそうやのにね」
 ほうなんやがなと知念和尚がうなずいて言った。
「恐らく代官屋敷が燃えたけん、みんなそっちの方にぃ取られよったんじゃろな。ほれに代官が殺されたんじゃけん、浜辺の様子見よる暇なんぞなかったんやなかろか」
 目撃者がほとんどいないのは、知念和尚の推察どおりだろう。では浜辺で侍たちと戦ったのは鬼なのか、代官の息子なのか。恐らく、その両方だと千鶴は思った。
 もしかしたら、襲って来た侍たちは鬼を退治しに来たのかもしれない。だからがんごめの自分は狙われ、鬼に操られていた代官も和尚も殺されたのだ。
 気持ちが沈んだままの千鶴を見ながら、知念和尚は言った。
「とにかく代官は殺され、その息子も死んだと見なされたんじゃろな。ほれで代官の妻は髪を下ろして尼になり、ここで生涯、夫と息子をとむらい続けたんよ」
「ここは元々お代官の家のだいやったんかなもし?」
 春子が訊ねると、ほうやないと知念和尚は言った。
「たぶん代官の菩提寺は松山まつやまにあろうが、代官の妻はこっちに墓を建てたんよ」
「なしてぞな?」
 それは恐らく息子のためだろうと思うと和尚は言った。
「ここには代官の墓と代官の妻の墓はあるんやが、息子の墓はどこにもないんよ」
 春子は意外そうに千鶴を見た。なしてないんぞな?――と千鶴は思わず声を上げた。千鶴にとっては、あの若侍の墓がないといわれたも同然だった。
 それについて和尚は、どうしてなのかはわからないと言った。
 代官の妻が暮らしたいおりは、この庫裏が新たに建てられる時に取り壊された。そこに記録が残っていたのかどうかは定かではないらしい。
けん両成敗ていうけんな。相手がふっかけてきた争い事であっても、斬り合いになってしもたら双方がとがめを食うんよ。ほれも、代官の息子が斬り殺したんは一人や二人やないけんな」
 知念和尚が話すと、安子も和尚の話を補足して言った。
「ほんまかどうかは知らんけんど、死んだお侍の中には、外から来たお人もおったそうでな。ほれが立派なお家柄のとこのお身内やったいう話もあるみたいなけん、ほれがいけんかったんかもしらんね」
「ほんなんちゃちゃぞな。あのお人はたった一人で、うちを――」
 護ろうとしてくれたのにと言いそうになった千鶴は、慌てて口をつぐんだ。
「あのお人?」
「うち?」
 げんな顔の和尚たちに、千鶴はうろたえながら言い直した。
「すんません。あのお人やのうて、そのお人ぞなもし」
「うちを、ていうんは?」
 安子が訊ねると、ほれは――と千鶴は困惑した。
「あの……、おうち背負しょってと言うつもりでした」
 安子はうなずき、和尚もなるほどと言った。
「確かにほうよな。父親亡きあとは、息子がすべてを背負せおたたこうたわけよな。ほれじゃのにその息子の墓がないんは、まことに理不尽なことぞな」
「ほやけど、千鶴ちゃん。さっきのは自分が知っておいでるお人のこと、言うとるみたいじゃったね」
 安子が笑うと、和尚も春子も笑った。がんごめは自分の前世だと言えない千鶴は、下を向きながら恥じ入っていた。
「まぁ何にしてもそがぁな理由わけで、代官の息子にまともな墓を建てることは、許されんかったんやと思わい。ほれで代官の妻は墓を建ててやれん息子のために、ここに残って夫と一緒に息子をとむろうたんやなかろか」
 和尚が話し終わると、ひょっとして――と春子が言った。
「そのお代官の息子もがんごめに操られよったんかもしれんで」
 すぐにはっとして千鶴を見た春子は、今のはうそだと慌てて弁解をした。しかし、春子の言葉は千鶴には衝撃だった。
 あの若侍を操って自分を命懸けで護らせたのだとすると、それは最悪だ。だけど自分とあの若侍は恋仲にあったのだ。その若侍をむざむざ死なせるはずがない。
 千鶴は春子に反論しそうになった。だが、やめた。反論するのは、自分ががんごめだと告げるようなものだからだ。
 動揺する千鶴を見て、この話はこれでおしまいにしましょわいと安子が言った。
 知念和尚もうなずくと、とにかく何もわからないが、祠が壊れたあとも、特に何も起こっていないと話した。
「ほじゃけんな、ヨネばあちゃんが言うたことは気にせんで」
 春子が必死に頼むので、千鶴は黙ってうなずいた。頭の中は若侍のことを考えている。
 もしがんごめが前世の自分だとしたら、若侍はそのことを知った上で自分を好きになってくれたし、命懸けで護ろうとしてくれたに違いない。
 その愛しい人をがんごめのくせに助けられなかったのかと、千鶴はがんごめの恐怖も忘れて自分を責めた。一方で、若者を助けなかったのは、春子が言ったように、若侍がただの操り人形だったからではないかと思えてうろたえた。

     四

「和尚さま」
 境内けいだいに面した障子しょうじの向こうから、誰かの声が聞こえた。
 知念和尚は腰を上げると、障子を開けた。
 そこは縁側えんがわになっていて、外に白髪頭の男が立っていた。伝蔵でんぞうというてらおとこだ。
 伝蔵は法正寺ほうしょうじに住み込みで働いているが、昨夜は祭りでずっと村の者たちと一緒に過ごしていた。そのため千鶴は伝蔵とは初対面だった。目が合った時に千鶴は会釈えしゃくをしたが、伝蔵は千鶴を見てぎょっとした。しかし、千鶴が春子のじょはん学校の友だちだと知念和尚から説明を受けると、伝蔵はぎこちなく頭を下げた。
「どがいしたんぞな?」
 用事をたずねる知念和尚に伝蔵は言った。
権八ごんぱちが和尚さまに話があると言うとるぞなもし」
 権八は近くに住む百姓で、毎朝寺に野菜を届けてくれる信心深い男である。
 さっきまで他の者と一緒にだんじりを動かしていただろうに、手がいた隙に野菜を持って来てくれたようだ。
 知念和尚が権八を呼ぶように言うと、伝蔵は横を向いて手招きした。すると、小柄な男がひょこひょこと現れた。
「権八さん、お祭りじゃのに、お野菜届けてくんさったんじゃね。だんだんありがとうございます」
 安子が和尚のそばへ行って丁寧に礼を述べた。知念和尚も感謝をしたが、権八はうれしそうに、とんでもないと手を振った。
 その時、部屋の中にいる千鶴に気がつくと、権八は驚いて固まった。
 知念和尚は再び千鶴のことを説明しようとした。だが、その前に伝蔵が説明をし、千鶴に対して失礼だと権八をしかった。
 慌てて頭を深々と下げた権八は、頭を上げると、しげしげと千鶴を眺めた。
「こら、権八。ぼーっとしよらんで、和尚さまにお訊したいことがあるんじゃろが」
 伝蔵に言われてはっとなった権八は、ほうじゃったほうじゃったと和尚に顔を戻した。
「あんな、和尚さま。ちぃと教えていただきたいことがあるんぞなもし」
「ほぉ、どがいなことかな?」
「あんな、和尚さま。昨夜ゆんべのことなけんど、たつむらの入り口ら辺で、でっかいイノシシの死骸が見つかったんぞなもし」
 春子の目がきらりと輝いた。春子はこんな話が大好きだ。
昨夜ゆんべ 昨夜いうたら、参道に屋台が集まりよったごろかな?」
「ほうですほうです。ほんごろぞなもし」
「そげなごろに、でっかいイノシシの死骸が、辰輪村の入り口で見つかった言うんかな」
「ほうですほうです。辰輪村の連中は、道が通れんでおうじょうした言うとりましたぞなもし」
 権八の話を聞きながら、千鶴は小声で辰輪村とはどこのことかと春子にいた。
 話に聞き入っていた春子は、山の方の村だと口早に説明した。
「道が通れんほど、でっかいイノシシなんか」
「あんな、和尚さま。これより、もっとでかかったぞなもし」
 権八は両腕を目いっぱい広げて見せた。そのぐさを見た千鶴は、狩りでイノシシを仕留めた自慢をする祖父を思い出した。しかし、それ以外の何かが、記憶の中からい出て来ようとしていた。
「権八、おまい、その目で見たんか?」
 伝蔵が疑わしげに言った。権八は大きくうなずくと、確かに見たと言った。
山陰やまかげもん呼ばれるんを耳にしたけん、何があったんか訊いたらな、岩みたいなイノシシの死骸じゃ言うけん、見に行ったんよ」
「岩みたいて、こげな感じか?」
 権八より体が大きい伝蔵が両腕を広げてみせたが、権八は首を振り、もっとよと言った。
「真っ暗い中、行きよったら、道の上にでっかいなんかがどーんとあったんよ。おら、おおけな岩が転がっとんかと思いよったかい」
 伝蔵は驚きの顔で知念和尚を見た。和尚もにわかには信じられない様子だ。安子と春子も顔を見交わしている。だが千鶴は何かを思い出しそうな気がして、話に集中できずにいた。
 知念和尚は驚きながらも落ち着きを見せて言った。
「そがぁにでっかいんかな。ほら、まっことがいなイノシシぞな。ほれは間違いのう山のぬしぞ。ほんなんが祭りしよるとこへ現れとったら大事おおごとじゃったな」
 確かにと、みんながうなずき合ったあと、ほれにしても――と和尚は権八に言った。
「ほのイノシシは、なしてそげなとこで死んどったんぞ? 誰ぞが鉄砲で撃ったんかな?」
「ほれがな、和尚さま。ほうやないんぞなもし」
「鉄砲やないんなら、病気かな?」
 権八は首を大きく横に振った。
「あんな、和尚さま。鉄砲でも病気でもないんぞなもし」
「ほんなら何ぞな? なして死んだんぞな?」
「あんな、和尚さま。おら、ほれを和尚さまにおねしたかったんぞなもし」
 知念和尚は苦笑すると、権八さんや――と言った。
「わしは、ほのイノシシをまだ見とらんのよ。ほれどころか、今初めて権八さんから聞いたとこぞな。ほれやのに、なしてわしがイノシシが死んだ理由を知っとると思うんかな?」
 権八はまた首を横に振った。
「あんな、和尚さま。ほうやないんぞなもし。死んだ理由はわかっとるぞなもし」
「わかっとんなら、わしに訊くまでもないやないか」
「あんな、和尚さま。わかっとんやけんど、わからんのですわい」
「こら、権八。そげな言い方じゃったら、和尚さまがお困りになろうが」
 伝蔵が叱りつけると、権八は小さくなった。
「まぁまぁ、伝蔵さん。そがぁに言わんの」
 安子が面白そうに言った。
 知念和尚は少し困った様子で、権八に言った。
「申し訳ないが、権八さんが何を言いたいんか、わしにはわからんぞな。権八さんがわかっとる、イノシシが死んだ理由を先に言うてくれんかな」
 わかりましたぞなもし――と権八は、横目で伝蔵を見ながら言った。
「そのイノシシの死骸はな、あたまぁぺしゃんとつやされとったんぞなもし」
「何やて? 頭をつやされとった?」
 知念和尚の顔に一気に緊張が走った。安子の顔から笑みが消え、春子は口を開けたまま千鶴を見た。
「権八さん。ほれはまことの話かな?」
 不安げな和尚に、権八は大きくうなずいた。
「おら、この目でちゃんと見たぞなもし。こんまいイノシシでも、あげにあたまつやすんは並大抵のことやないぞなもし。ほやのに、あの岩みたいなでっかいイノシシの頭がな、ほんまにぺしゃんこに潰されとったんぞなもし」
うそじゃろ?」
 疑う伝蔵に、権八は不満げな目を向けた。
「おら、嘘なんぞつかん。嘘じゃ思うんなら、辰輪村のもん山陰やまかげもんでも訊いてみたらええ」
 伝蔵が言い返せずに口籠もると、権八は和尚に言った。
「ほじゃけんな、和尚さま。イノシシが死んだんはあたまつやされたけんじゃと、おらは思うんぞなもし」
「ほれは、わしもそがぁ思わい」
 和尚がうなずくと、権八は続けて言った。
「ほんでな、和尚さま。おらが和尚さまにお訊ねしたいんは、何がイノシシのあたまつやたんかいうことなんぞなもし」