> 乗合馬車と今治街道

乗合馬車と今治街道

日本で初めて乗合馬車が開業したのは、明治2年(1869年)の横浜~東京間です。

愛媛では明治33年(1900年)に、松山と今治いまばりを結ぶ今治街道の途中、松山~北条 ほうじょう 間に開業されたのが、初めての乗合馬車でした。

北条の発着所は、北条の中心となる辻町つじまちという所にありました。
大正時代の初め頃には、途中の堀江ほりえという所にも駅ができました。

物語で千鶴が乗っている馬車は、まさにこの松山~北条間の乗合馬車なのです。
ただし、物語では北条ではなく、北城町きたしろまちという架空の町になっています。

※松山から今治へ向かう今治街道は、海沿いを通る道です。

松山の乗合馬車の発着所は、現在の木屋町きやちょう4丁目と御幸町みゆきちょうの境目辺りにあったようです。

そこは山越山手やまごえやまてと呼ばれる川の土手で、明治から大正にかけて、乗合馬車や荷車の溜まり場になっていたそうです。

※かつて客馬車乗り場だった所。道の向こうが札の辻方面です。(写真Google)
※客馬車乗り場から今治方面を見たところ。この道が今治街道でした。(写真Google)

木屋町4丁目は、かつては山越村と呼ばれた所で、明治22年に隣接する祝谷村と姫原村と一つになって、御幸村となりました。

しかし、大正15年に御幸村は松山市に編入され、その一部が木屋町となったわけです。

そのためだと思いますが、記録文書では松山における乗合馬車の発着所を、木屋町と記載したり、山越と記載したりとまちまちでした。

※千鶴の家から乗合馬車発着場(木屋町口)までは、約2kmです。

乗合馬車の発着時間は決まっておらず、客の状況に合わせて運行していました。

それで山越山手(木屋町口)に到着すると、馬車の御者は南の集落へ向かって、ラッパをプーッと吹いて、馬車の到着を知らせたそうです。

馬車を降りる時は、好きな所で下車させてくれたようです。
今と違って、のんびりした感じがありますよね。

※客馬車

馬車は木造で、 屋根から下に青い幕を、張りめぐらせていたそうです。
おそらく、日除けや雨除けだったのでしょう。

客車は六人乗りで、乗客は左右の長いシートに、三人ずつ座ったようです。
馬車への乗り降りは、一番後ろの部分からしていました。

馬車は一頭の馬に引かせ、御者が馬に指示を出していました。

御者はラッパを持ち、先に述べたように、出発や到着などの合図は、ラッパで行っていました。

※城北方面。写真上端で右斜めに真っ直ぐ進む道が今治街道。
※左から斜め右に真っ直ぐ進む道が今治街道です。客馬車はこの道を進みました。
※松山の町外れを通る今治街道
※今治街道の客馬車停車場(木屋町口から北条まで約13km)

堀江から少し行くと、前方を小さな山が道をふさぐように突き出ている所があります。

今はこの山に沿って道路が走っていますが、かつてはここはすぐ海になっていて、通ることができませんでした。

山の向こうへ行くためには、この山を登って超えなければなりません。

この山が粟井坂と呼ばれる所で、難所と言われた所です。

※正面の山が粟井坂です。昔はこの先の道がなく、ここで右に折れて山に入って行きました。(写真はGoogle)
※粟井坂を超えた所にある大師堂(写真はGoogle)
※明治末期の粟井村
※北条の今治街道。右が海。
※千鶴が客馬車から眺めた鹿島
※大正末期の北条の町。客馬車の終点です。

運賃は明治のうちは、北条~松山間は18銭でしたが、大正になると、36銭にまで値上げになったそうです。

乗合馬車は初めて開業されて以来、県内のあちこちで、うなぎ登りに数を増やして行きました。

しかし、国有鉄道(現在のJR)讃予線(現在の予讃線)が香川から延びて来ると、それに合わせて、次第に数が減って行きました。

※大正15年 北条まで開通した国有鉄道

北条まで国有鉄道が伸びて来たのが、大正15年です。

その後、国有鉄道は昭和2年に、北条~松山間を開通させました。
これによって北条~松山の乗合馬車は、その役割を終えて姿を消すことになりました。

※開業当時の国有鉄道松山駅

ちなみに春子の故郷である名波村は、北城町の北を流れる立岩川を渡った所にあります。

※立岩橋。客馬車を降りた千鶴は、この橋を渡って川向こうの名波村へ行きました。